わかばこども園 

わかばこども園


   
  こんにちはわかばこども園です  
     
   
こども園概要
 
       
   
保育理念・目標・方針
 
       
   
安全・安心への取り組み
 
       
   
保育方法
 
       
   
オリジナルの活動
 
       
   
楽しい教室活動
 
       
   
施設情報
 
       
   
こども園の一日
 
       
   
年間行事予定
 
       
   
手づくり食事・食育
 


   
 
お知らせ
 
   
 
アップル広場(子育て応援)
 
   
 
お問い合わせ
 
   

  わかばこども園  
     
  わかばこども園  
     
  わかばこども園  
     
  わかばこども園  
     
  わかばこども園  
     
  わかばこども園  
     
  わかばこども園  
     



 
手づくり食事・食育
 

 
「食べることを楽しむ」・・・食事は楽しく食べさせてあげたい。
そのために赤ちゃん組からひとり一人のお子さんの発達に合ったいろいろな工夫を
しています。
たとえば「食う・寝る・遊ぶ」がそれぞれ分かれた場所になっていることで、ひとり一人のお子さんの生活特性が守られ、主体的に一日の見通しを持って食事(生活)ができるようになっています。
また、調理室が見えるオープンキッチンになっていて、調理をしている栄養士の姿を見ることができ、3歳以上児組のお子さんはビュッフェスタイルで食事をします。
 
 
 
 
「食材が見える」・・・安全・安心の食材を食べさせてあげたい。
毎日、3・4・5歳児が「今日の食事の食材」の写真とカードを玄関前のパネルに掲示します。 。
 

 
わかばこども園 食育
 


 
わかばこども園のこだわり
 

成長期の大事な時期だからこそ、本当に体に良いものを食べてもらいたい。
そんな思いから、わかばこども園では食材・メニュー・栄養のバランスにこだわって栄養士が食事を作っています。

 

1. お子さんの一人ひとりのエネルギー必要量・発育を基に栄養士が独自の献立を作成しています。
 
 
2. 食材は原産地・生産者がはっきり分かり無添加・無農薬の安全な食材を
   使用しています。

 
 
3. 季節の食材を使い、素材の持つ味を活かした味作り(薄味)をしています。
 
 
4. インスタントや化学調味料は一切使用しません。
 
 
5. おやつには、旬のフルーツや手作りおやつを中心として、乳製品の他に、
   そしゃく をするように硬いおかしも出ます。

 
 
6. 園児が世話をして収穫した園畑の野菜なども、給食に使用しています。
 

 
準備期・前期・中期・後期とそれぞれ一人ひとりのお子さんの発育に合わせて
離乳食を 作ります。自分から食べることが嬉しく満足感が感じられるように、
食材の選択、 献立、調理 の形態、調理法、食べられる食事量と食事の時間
などを工夫しています。
 
 
 
 
0歳から2歳までのお子さん
離乳食・幼児食・手づくりおやつ等保育園で作り提供します。

3歳以上のお子さん
幼児食の副食(おかず類)・手づくりおやつ等、保育園で作り提供します。
 

 
わかばこども園 食育
 


 
郷土の味を伝えます
 
 
加賀野菜を旬ごとに献立に取り入れています。わかばこども園オリジナルの「味噌」「梅干し」「たくあん」を作っています。
おもちつきでは、かきもちも一緒に作ります。
 
 
 


 
園畑等での栽培
 
 
わかばこども園の近くの畑をお借りして、たまねぎ、サツマイモ等を作っています。
園庭や屋上では、プランターでお米やキュウリ、ナスなどの野菜を、また花壇では、ヘチマやヒョウタン、にがうりも栽培しています。収穫物は、給食としていただきます。
 
 
 
 
特別食(除去食など)の提供
 
 
アレルギー除去食を必要とするお子さんには、医師の指示書によって、除去食を保育園で作り、提供します。
また、体調がすぐれないお子さんには、その日の献立と違う体調に合った食事を作り提供します 。
誕生会、クリスマス会等その行事に合わせた特別食も提供しています。

 
 
 





       サイトマップ | プライバシーポリシー | このサイトご利用について